FC2カウンター

被災された自作ユーザーに

おすすめブログ♪

レビューしてます♪

PCパーツ長者学校

PCパーツ長者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月 (2010年11月) に。
Catalyst10.11 について書きました。
coneco.netにて 【Radeon HD6850】 のレビューを行ったときに。
http://club.coneco.net/user/12937/review/48048/
その Catalyst10.11 は、HD68xx シリーズに最適化されていない、
という内容で、前回ブログを書きました。

20101119 今回の Catalyst 更新は、わかりづらい!
http://amateurismpc.blog133.fc2.com/blog-entry-38.html

それから1ヶ月ほどを経過し。
既にリリース済みとなっていますが。

Catalyst10.12 が発表されています。

この10.12では。
HD68xx シリーズへの対応はもちろん。
既に人気を集めつつある HD69xx への対応ということで。
内容が進化しています。

いつも参考にさせてもらう 4Gamer.net において。
http://www.4gamer.net/

Catalyst10.12 の何が進化しているか?
という部分が触れられた記事があります。
追記にて、記事元 URL を紹介しておきます。


スポンサーサイト
  • 20101119 今回の Catalyst 更新は、わかりづらい!

我々 Radeon 利用者 にとって。
ドライバ更新は、毎月必ずチェックすべき部分となりますが。
先日 【2010 年 11 月度分】 更新として。

Catalyst 10.11 が発表されています。

通常であれば、
▼新バージョン発表にて、
▼多少を問わず、バージョンアップされ、
▼バグフィックスが進んでいる!
という更新となります。

それと同時に、
◆最新グラボをフォローしていく!
となるはずです。

++++++++++

しかし今回!!
本日 【2010/11/19】 時点において。
最新版であるはずの “Catalyst 10.11” は。
何故か最新の Radeon HD 6870、6850 に対する更新。
行われていないこと が、こちらに紹介されています!

【記事元/4Gamer.net様】
http://www.4gamer.net/games/022/G002212/20101118005/

詳しい理由は、上記URLから確認頂きたいです!
(AMDからの回答も含まれており、非常に参考となります!)

ちなみに。
HD 5xxx シリーズまでの方々は、アップデートの恩恵もあります♪
導入において、あくまで自己責任にて!!
(毎回、お約束で書かれていますね~!!)

++++++++++

そこで。
もし間違えて、最新版の “Catalyst 10.11” を。
HD 6870、6850 環境で導入なさった方向けに。
下記リンクを貼り付けておきます!
過去バージョン (Catalyst 10.10) の入手が可能となります!

当ブログ記事を書いている時点 (2010/11/19) において。
以下OSの利用者だと関係がありそうで、参考まで!

※ あくまでリンクに過ぎません。
※ ご自身の Catalyst のバージョン等、必ず自己責任で確認下さい!
※ 導入後、不具合等生じても、当方は一切責任を負いません!

Windows 7 32-bit
Windows Vista 32-bit
http://support.amd.com/us/gpudownload/windows/previous/Pages/radeonaiw_vista32.aspx


Windows 7 64-bit
Windows Vista 64-bit
http://support.amd.com/us/gpudownload/windows/previous/Pages/radeonaiw_vista64.aspx


Windows XP 64-bit
http://support.amd.com/us/gpudownload/windows/previous/Pages/radeonaiw_xp64.aspx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。